INART

ファッションブランド “ミナ ペルホネン” デザイナー

皆川 明 講演

2017/10/12(THU) 18:00-
@米子市公会堂

平成29年度鳥取県民工芸講演会
~視点を広げ、意欲向上ができるアート&クラフト・トークショー~
※講演会は予約必須です。ページ下部よりお申込みください。

講演者 皆川 明 | AKIRA MINAGAWA

皆川 明氏は、100 年以上続くブランドを目指しものづくりを続ける、日本を代表するデザイナーの一人です。19 歳のときにパリでファッションショーの裏方のアルバイトを経験したことがきっかけで、それまで選択肢になかった服づくりを仕事にすることを選びます。現在では国内外問わず活動の場を広げていますが、ブランド設立当初の 22 年前は、魚市場で働きながら、テキスタイルをオリジナルでつくり、洋服を仕立てる生活を続けていました。テキスタイルをオリジナルでつくる、ということは、きっと、ひとりの、後ろ盾のない人間にとってはとても大変なことだったのではないでしょうか。発想の転換の連続でものをつくり、人々に伝え、ブランドを成長させてきた氏の、デザインへの思考とまなざしを語っていただきます。

  • AKIRA MINAGAWA STORY 1989 - 2007

    1989 文化服装学院服飾専門課程II部服装科卒業

    1995 ファッションブランド「ミナ」設立

    2000 直営店を東京・白金台にオープン

    2003 ブランド名を「ミナ ペルホネン」とする。フリッツ・ハンセン社の家具に、ミナ ペルホネンの布を張り発表

    2006 デンマークのテキスタイルメーカー「Kvadrat(クヴァドラ)」より皆川 明デザインの生地を発表・発売

    2007 京都に2店舗目となる直営店をオープン
    青森県フォームデザインを手がける。英国のテキスタイルメーカー「LIBERTY」より皆川 明のデザインを発表

  • AKIRA MINAGAWA STORY 2010 - 2014

    2010 直営店「ミナ ペルホネン ピース,」を京都にオープン、続けて東京にも「アルキストット」「ピース,」をオープン

    2012 東京スカイツリー ® のユニフォームデザインを手がける
    パリのフレグランスメゾン「diptyque」とのコラボレーションによるコフレとキャンドルを発表

    2013 長野・松本に直営店をオープン
    フランスのバレエブランド「Repetto」とのコラボレーションシューズを発表
    スウェーデンのテキスタイルメーカー「KLIPPAN」とのコラボレーションをスタート

    2014 インテリアファブリック「dop」を発表。金沢 21 世紀美術館のユニフォームをデザイン

  • AKIRA MINAGAWA STORY 2016 -

    2016 東京・青山に新コンセプトブランドのショップ「call(コール)」をオープン
    デザイナー皆川 明が「2015 毎日デザイン賞」(毎日新聞社主催)、「平成 27 年度(第 66 回)芸術選奨文部科学大臣新人賞」(文化庁主催)を受賞
    ミラノサローネ国際家具見本市(Salone del Mobile.Milano)にて、「Kvadrat(クヴァドラ)」よりインスタレーション「FOREST COMES HOME.」を発表

    2017 金沢に直営店をオープン。東京・代官山にテキスタイルを中心とした「minä perhonen materiaali(マテリアリ)」をオープン
    ミラノサローネにて、イタリアの陶磁器ブランド「Richard Ginori(リチャード ジノリ)」より、テーブルウエアコレクションが発表される

minä perhonen

Application 講演会 お申し込み

平成29年度鳥取県民工芸講演会
~視点を広げ、意欲向上ができるアート&クラフト・トークショー~

【入場無料】皆川 明 講演会 2017/10/12(THU) 18:00- @米子市公会堂

米子市公会堂 大ホール

鳥取県米子市角盤町2丁目61番地

申し込みフォームでのご予約

 申し込みフォームへ

お問合せ

鳥取県販路開拓・輸出促進課

(0857)-26-7640

hanro-yusyutsu@pref.tottori.lg.jp

担当 大江、千葉